2008年01月06日

『SP』はおもしろい

刑事ものドラマは珍しくないが、フジテレビの深夜ドラマ 『SP』 ほどの力作はほとんどない。

堤真一、岡田准一、真木よう子らが警視庁の要人警護スペシャリストという設定だ。彼らが警備対象者を狙うテロリストや不気味な暗殺集団と対決するが、毎回斬新な設定で飽きさせない。

また登場人物が個人的な問題を抱えており、超人的に強いわけではないのが、緊迫した雰囲気を作っている。

とにかく気の抜けた二時間ドラマなど比較にならない力作だ。

おそらく、原案/脚本の金城一紀の力が大きいのだろう。

これだけの内容なら、ゴールデンタイムに放送されてもおかしくはないと思う。

[追記]
このドラマ、映画化されるそうだ。
テレビを見た限り、主人公以外のSPの警護能力が??なので、そこらへんの修正を望む。


SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係 DVD-BOX
エイベックス・マーケティング
2008-07-02


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ラベル:映画・ドラマ
posted by j-sakanoue at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | FY2004-FY2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック