2013年11月24日

消化不良な『かぐや姫の物語』

『竹取物語』を知らない日本人は少ないが、おもしろいと思う人間はあまりいないだろう。

この「日本最初の小説」は、理由も告げず月に帰っていく娘を描いた「不条理小説」でもある。

アニメーター高畑勲が 『かぐや姫の物語』 でこの問題に決着をつけることを期待して観に行った。

結論からいうと、特に新しい解釈はなく 2時間半を過ごし、正直少し疲れた。

私も含め、なにか納得できない顔をして帰る客が多かった。

かぐや姫が生まれたいきさつや「月の世界」の秘密は明快には示されなかった。

(公開中なのでストーリーは詳しく述べない)

映画館初日の客層はほとんどが大人で、ただの日本昔話を期待していたわけではないので残念だった。

それにしても、ポスターにある「姫が犯した罪と罰」というのは少し思わせぶり過ぎないか?

かわいいエピソードの積み重ねだけでなく「かぐや姫」そのものの存在に関する骨太のストーリーが欲しい。

田舎でのサイドストーリーは生き生きと描かれているが、まず「姫」を皆自然に受け入れるものか?

竹から産まれてあっという間に成長し月に執着を示す「姫の異常さ」は妖怪並みなのである。

しかし、「姫」は愚かだがいい人に囲まれ、普通に成長していく。

ダークさを垣間見せるが、周りはのほほんとしていて、「姫」一人のキャラクタの問題に過ぎない。

これでは、個人の思想・信条を超えて世界観を打ち立てるにはほど遠い。

私は『オズの魔法使い』に対する 『ウィキッド (Wicked)』 のようなストーリーを期待していたのだ。

劇団四季の『ウィキッド』は こちら


ミュージカル「ウィキッド」劇団四季版
UNIVERSAL CLASSICS(P)(M)
2008-07-23
劇団四季


Amazonアソシエイト by ミュージカル「ウィキッド」劇団四季版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



『ウィキッド』を観た後では『オズ』の世界観が変わってしまうように。

それにしても、『かぐや姫』の最後に出てくるあれは何だ? と言いたくなるのは私だけではないだろう。

その姿や久石譲のお祭り風音楽(サンバカーニバル?)がフィナーレにふさわしいとは思えない。

『かぐや姫』公開前にNHKなどで高畑監督の特集が組まれ、技術的な斬新さが宣伝されていた。

意識してかどうか分からないが、映画の内容には踏み込んでいなかった気がする。

確かに映像に目新しさはあった。

声優でなく豪華俳優を起用しているが概ね好演。

だからといって、本作の存在価値はどこにあるのか?

他の方々の意見をお聞きしたいものだ。

ラベル:映画・ドラマ
posted by j-sakanoue at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | FY2004-FY2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック