2019年04月01日

平成より良いじゃないか

元号がどれほど必要か?という本音はともかく、どうせ使うなら良い名前が良い。


この30年間口に出さなかったが、「ヘイセイ」という元号あまり品よく響かない。

ハ行、しかも特に「ヘ」で始まる言葉になぜしたのか長らく疑問だった。

小渕さんによる発表があったときはがっかりしたものだ。


時が経つにつれて慣れていったが、今「令和」と聞くとやはり新鮮に感じる。

ラ行はモダンな感じだし、昭和の「和」をあえて再び使ったのも結構な決断?


平成の日本は不景気で貧富格差拡大の時代だった。

新元号のイメージとともに一新してもらいたいものだ。


少し驚いたのは、PCで「れいわ」と打ったら即「令和」に変換されたこと。

IMEがいつの間にかアップデートしていたのか、実はその筋では知られた言葉なのか?


よみたい万葉集
西日本出版社
2015-02-27
松岡 文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ラベル:日記
posted by j-sakanoue at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | FY2004-FY2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック