2021年10月07日

長生きはするもの

眞鍋淑郎 先生がノーベル物理学賞を受賞した。


1960年代に地球循環モデルを提唱した時代に、日本ではコンピュータどころか電卓も無かったのではないか?

そんなこともあって、真鍋さんは 20代から今までアメリカの研究機関に籍を置く研究者だ。


真鍋さんの素晴らしいのは、ただの引退したおじいさんではないことだ。

話しを聴いても 90歳にしてはしっかりしているというレベルではない。

これでノーベル賞を獲れてしまったので、長生きしてはみるものだ。


もう一つ驚いたのは、真鍋さんが クラフォード賞 の受賞者(2018年)であるということだ。

この賞は同じくスウェーデンアカデミーによるものなので「ノーベル賞の補完(別名:残念賞)」と思われていた。

過去にノーベル賞と両方受賞した人はいなかったはず。


今回の「ダブル受賞」で過去のクラフォード賞受賞者(私の知っている方に 3人いる)も「まだまだいける」とさらに寿命が延びるのではないか?

元気な老人はますます元気になる、という老人格差社会であると痛感する。

ラベル:日記
posted by j-sakanoue at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FY2004-FY2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック