2021年12月08日

Kindle が壊れて分かった

5年ほど前になるが、本と CD, DVDを大量に処分した。

その数は 600-700アイテムだったと思われ、8万円ほどになった、

さらに勝間和代のアドバイスもあって本を Kindle に替えた。


おかげで大幅に空間は節約できたものの、電子書籍を読むのは楽ではない。

旅先に持って行けば充電器が必要だし、読書中しおりを挟むのが結構厄介。

なによりも不満だったのは、画面がモノクロであることだ。

メモリ容量の関係で本のイラストがモノクロになっており、見ていて美しくないし情報不足でもある。


最近、Kindle がクラッシュして寿命になった。

仕方なく PC用の Windows 版 Kindle ソフトを導入したが、なんと鮮やかなカラーではないか!

もちろん以前買った書籍ファイルであり、新たなアイテムではない。

もともと電子書籍のファイル自体はカラーであり、 Kindle の小型画面のみでモノクロだったのだ。


これなら最初から PC版ソフト(無料)で読んでいればよかったと後悔。

今カラーで読めるのは機械が壊れてくれたからだと自分を慰めている。

ラベル:日記
posted by j-sakanoue at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FY2004-FY2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック