2022年01月12日

コロナ感染者数を見積もる方法

オミクロン株に移ってあっという間に再拡大の新型コロナウイルス。

感染者の数が気になって仕方ない。

本日の全国の感染者数は 13,200人くらい。

当然各都道府県の感染者の合計だが、各地の数値がバラバラに出るので合計数は 19時ごろにならないと分からない。


そこで簡単に全国の感染者数を見積もる方法を考えた。

1) 東京都の人口は日本全体の約 1/10、そこで東京の感染者数を10倍する。

2) 大阪府の人口は日本全体の約 1/15。そこで大阪の感染者数を15倍する。

3) この 2つを足して 4で割る。

つまり日本全体の平均を東京と大阪の平均のさらに半分とするわけである。

単純な人口比だと大都市圏の人口密集度がそのまま反映されてしまうので、とりあえず 2で割ったのである。


本日の数値に当てはめると、

1) 東京の感染者の10倍は、21,980

2) 大阪の感染者の15倍は、25,665

3) 両者を足して 4で割ると 11,911 となる。

前述の実測値 13,200 と比べると 約10%の誤差でこんなものかという感じ。


しかし大阪府の数値が出るのはいつも都道府県の最後に近い。

結局、夕方遅くならないと見積もることもできないということになる。

(今日はたまたま数値が急上昇して、吉村知事による早めの発表・記者会見となった)


そもそも大都市圏の数値だけで全国を予想しようというのが都会人の傲慢さのような気がしてきた。

ラベル:日記
posted by j-sakanoue at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FY2004-FY2021 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック